Pythonのインストール

MkDocsをビルドする環境としてWindowsにPythonをインストールします。 PythonはWindows向けの開発用オールインワンパッケージとしてAnaconda などがありますが、 今回はコマンドラインから使用するのでビルド環境のみをインストールします。

Pythonダウンロード

Python公式サイト から Windows x86-64 executable installer をダウンロードして実行します。 2019年9月時点の最新バージョンは python-3.7.4-amd64.exe です。

"Windows x86-64 executable installer"

Pythonセットアップ

基本的に Install Now を選択しますが、インストールフォルダなどの設定をしたい場合は Customize Installation を選択します。

"Install Python Setup"

オプション 内容
Install launcher for all users 全ユーザーがPythonを利用できます。単一ユーザーや、ユーザーごとにPython環境を分ける場合はチェックしません。
Add Python 3.7 to PATH Windowsの環境変数にPython実行環境のパスを通します。コマンドプロンプトからPythonを実行したい場合はチェック推奨、環境変数を汚したくない場合はチェック不要です。環境変数はコントロールパネルのシステムから変更できます。

インストール後に Disable path length limit の選択肢が表示されます。 フォルダやファイル名のパスの長さが260文字以上の環境になる場合はこれを押すと解除できます。 長いパスを使用しない場合は不要なので右下のCloseを押します。

"Python Setup was successful"

Customize Installation の場合

"Python Advanced Features"

オプション 内容
Install for all users 前画面の「全ユーザーがPython環境を利用する」設定と同じ。
Associate files with Python .py 拡張子ファイルをPythonに関連付けします。 .pyファイルをダブルクリックした時に実行するのではなくエディターで起動したい場合はチェックしません。
Create Shortcuts for installed applications スタートメニューにPythonのショートカットを追加。
Add python to environment variables 前画面の「環境変数パスを通す」設定と同じ。
Precompile standard library 標準ライブラリがプリコンパイルされた状態になります。チェックがなくてもライブラリ実行時にコンパイルされるため、初回実行時の僅かな時間短縮以外に影響はありません。
Customize install location Pythonのインストールパスを設定します。 C:\Python\Python37 などバージョン表記がある短いパス名を推奨。

Pythonバージョン確認

コマンドプロンプトを起動して python -V と入力します。
Pythonの文字とバージョンが表示されれば成功です。

1
2
C:\Users\NAME>python -V
Python 3.7.4