片道勇者

片道勇者とは?

SmokingWOLF製作のローグライクRPGゲーム「片道勇者」です。
繰り返し遊ぶことで新しい発見が次々出てくる楽しいゲームです。
非常に難易度のバランスが良く、簡単なのに作業ゲーになりません。
現在は無料のフリーゲーム版と実績などが追加されたSTEAM版があります。
拡張要素が盛りだくさんの片道勇者プラスの記事はこちらです。

進捗状況

片道勇者 進捗状況

一通りクリア完了。
EASYは全職種のマニアモード+世界の果てクリアで統一したかったのですが、Ver.1.48ぐらいから魔王が闇に飲み込まれなくなったため、世界の果てクリアが普通よりも困難になってしまいました。

1万km先にある真の世界の果てへ!

理術士、騎士、剣士、勇者で世界の果てクリア済み。
戦闘評価と宝箱取得率を上げるためには片っ端からダンジョンへ潜る必要があります。
剣士は後半かなり飛ばしたので勇者レベルは低め。

片道勇者 理術師 1万Km達成 片道勇者 騎士 1万Km達成 片道勇者 剣士 1万Km達成 片道勇者 勇者 1万Km達成

真の世界の果てガイド!

世界の果てクリアには経験値1.3倍のキャンペーンが楽です。
最初に次元倉庫から最強装備を取り出します。
序盤は試練の腕輪と聖剣カレドヴルフでガンガンレベル上げ。
中盤以降は母なる海の杖と雷撃の範囲攻撃で一掃しながら進みます。
魔王が街の近くに出現したら住民に装備品以外を売った後で誘導して金策。
そのため生命探知と暗視は最優先で取得。慣れてくれば1000km/hぐらいで進めます。
終盤はお金を気にしなくてもよくなるため、売買の手間を掛けないために装備系は一切を無視して進みます。
最大の敵は稀種動物等への誤爆と操作ミス。ダンジョン手前では探知を利用します。
仲間は頼もしいですが、最大HPが999までしか無いため、8000km超えたあたりから敵の攻撃で一撃死することもあります。
ただし世界の果てまで魔王と相手をし続けるのは色々面倒なので、次元倉庫から聖弓ル・アルシャとキーアイテムを確保して序盤から仲間にしてしまう方が良いです。
レベルも到達距離の評価は手前で打ち止めになってしまうので、1万Km進んだと言っても到達スコアが劇的に伸びるわけでは無いようでした。

最強装備について

武器の頭文字は「伝承」、防具の頭文字は「伝説」を付けたいという縛り。
武具共通の前提として消耗速度を90%に抑えることが最低条件です。
消耗速度90%は10回に1回消耗、80%では5回に1回消耗するので、損耗率が2倍も違うことに注意します。

最強武器

片道勇者 最強装備 伝承の聖剣カレドヴルフ+9

聖剣カレドヴルフ(伝承の聖剣カレドヴルフ+9)60
重量4 攻撃18 ダメージ半減 聖なる神殿で入手
伝承・超撃・超撃・超撃・超撃・頑丈・頑丈・頑丈・頑丈・上質
攻撃補正x283% 命中+30% 必殺+30% 消耗速度-90%

聖弓ル・アルジャ(伝承の聖弓ル・アルジャ+9)60
重量1 攻撃30 ダメージ半減 聖なる神殿で入手
伝承・超撃・超撃・超撃・超撃・頑丈・頑丈・頑丈・頑丈・上質
攻撃補正x283% 命中+30% 必殺+30% 消耗速度-90%

母なる海の杖(伝承の母なる海の杖+9)150
重量2 攻撃12 理力30 集中+3 聖なる神殿で入手
伝承・超撃・超撃・超撃・超撃・頑丈・頑丈・頑丈・頑丈・上質
攻撃補正x283% 命中+30% 必殺+30% 消耗速度-90%

武器は超ダメージを与えることで、回数も消耗も抑えられます。
命中は+10%の補正があれば十分。
必殺はレベル上昇と女神像でガンガン上がっていくので不要です。
カレドヴルフは重量4と序盤にしては少々重いため、重量1の「耳長の細い剣」でも中盤まで十分戦えます。
最終的には「母なる海の杖」で雷撃をドッカンドッカンぶっ放していくことになります。

最強防具

片道勇者 最強装備 伝説の水霊のマント+9

水霊のマント(伝説の水霊のマント+9)100
重量1 装甲7 ダメージ率-16% 炎無効化80% 聖なる神殿
装甲+30 回避+60% 敏捷+30% 消耗速度-90% 敏捷+1Lv
伝説・伝説・伝説・伝説・伝説・不壊・不壊・不壊・不壊・高速

防具は防御力より回避率を重視します。 回避することで不要な回復と防具の損耗を抑えられます。
回避率は自身のステータスを含めて70%、大気の盾を併用して90%が最大です。
上記ステータスでは自身の回避率が10%になった時点で最大性能を発揮します。
(逆にレベルが上がり、自身の回避率が10%を超えると回避率アップは死にステータスになります)
水霊のマントは重量1で炎無効化が80%も付いているため、非常に魅力的です。
装甲値も改造で底上げしています。

2006 - 2017 Caldia All rights reserved.
トップに戻る