コンテンツにスキップ

VRMNX-FLS対応レイアウト

「VRM-NXファイル連携システム」および「VRM-NXネットワークコントローラー」に対応したレイアウトを公開しています。
同じフォルダに最新の「vrmnxfls.py」と「vrmnxflsNetController.exe」を入れてください。

サンプルレイアウト1

A~Cまでの3本線とA、C線に待避線を設けたレイアウトです。
無料のスターターキットに対応したレイアウトも同梱しています。 vrmnxfls-layout_sample_1

ダウンロード

サンプルレイアウト2

A~Dまでの4本線と終端駅、それぞれのラインに2箇所の待避線と渡り線を設けたレイアウトです。
無料のスターターキットに対応したレイアウトも同梱しています。 vrmnxfls-layout_sample_2

ダウンロード

サンプルレイアウト2-v2

「サンプルレイアウト2」から終端駅とクロスポイントの位置を変更し、更に留置線を4本追加したレイアウトです。
編成はジャトゥー氏の自作車両「車両マーカー」を装備しています。 vrmnxfls-layout_sample_2_v2

ダウンロード

サンプルレイアウト2s

「サンプルレイアウト2」の直線部分を短くして全体が映るようにしたショート版です。 vrmnxfls-layout_sample_2s

ダウンロード

サンプルレイアウト3

1本の本線に2箇所の待避線と留置線があるレイアウトです。
実際のDCC-Nゲージ鉄道模型レイアウトをVRM-NXで再現した、いわゆる「N→VRM」レイアウトの一つです。 vrmnxfls-layout_sample_3
実際のDCC-Nゲージ鉄道模型レイアウト

ダウンロード