フレキシブル攻略

VRM4では第3号パッケージから自由自在に変形できるフレキシブルパーツが登場しました。
今回はその基本的な使い方を紹介します。

フレキシブルレールの操作方法

円の中央の小さい四角がドラッグできる対象

まずは変形の方法です。
レールの接続部(黄色の円)をドラッグする(マウスを左クリックしたまま動かす)と接続部の位置を変更することができます。

黄色い部分をドラッグして移動させた例

ハンドル(青色の円)をドラッグすると接続部の角度を変更することができます。
また、末端部から伸びている水色の線を延ばすように動かすと曲線位置を変更することができます。
この二つは感覚で覚えるのがいいと思います。色々いじってみましょう。
元に戻したいときは「ハンドル初期化」で元の直線に戻ります。

青い部分を動かした例

これらが基本的な変形の方法です。次に実用例を紹介します。

フレキシブルレールの運用方法

このような微妙な位置にあるレールを繋ぐため、フレキシブルレールを片方にセットします。

接続したい部分まで伸ばしてくる

接続部の位置をもう片方の接続したいレールの近くまで持っていきます。
このとき接続部が赤色にならないよう注意してください。
感覚的には赤色になった(接続とみなされた)少し手前ぐらいに持ってきます。

右クリックでメニューを表示

フレキシブルレールを右クリックして『自動ハンドル』を選択。
これで上手く接続されます。

きちんと接続される

ビュワーではこんな感じです。

またこの状態でハンドルを伸ばすと曲線位置を変更できます。
このとき角度が変わらないように注意してください。

水色のバーを伸ばしていく 曲線部分が中央よりになった

フレキシブルパーツはレールの他に道路やトンネルなどのパーツにも使用されています。
使うにはコツがいりますが、使いこなせればレイアウトをより柔軟に作っていくことができるでしょう。

戻る