スクリプト講座 イベント編

この章で主に扱うスクリプト

教材

以下のレイアウトをダウンロードして使用します。
0号か4号〜最新号のいずれかが必要です。
ストラクチャと編成はお好みに合わせてご使用ください。

スクリプトを任意のタイミングで実行させるには実行させる瞬間を定める条件が必要です。これらの条件は次の三種類に分類できます。

一見複雑な開始条件でもこの3種類を組み合わせることで実行できます。

演習

1-1. SetEventTime & SetEventTimer

まずは「時間」による操作です。
時間による操作を設定するコードは「SetEventTime」と「SetEventTimer」の二種類があります。「SetEventTime」は「指定した時間にイベントを発生させる」もので一回きりの入力を作るときに使用します。「SetEventTimer」は「指定した時間毎にイベントを発生させる」もので、入力したイベントを繰り返し行います。以下がサンプルコードです。編成かセンサーに以下のスクリプトをコピー&ペーストしてみてください。ビュワーを起動すると5秒後に Event1 が実行され、2秒毎に Event2 が実行されます。
またサンプルの確認できれば一度終了し、「2000」や「5000」の数字を変化させて見ましょう。「SetEventTimer」の方の数字を小さくするとログの数字がものすごい勢いで増加します。

1-2. SetEventKey

次は「キー」入力の処理です。これは指定したキーを押したときにイベントが実行されるものです。以下がサンプルコードです。編成に以下のスクリプトをコピー&ペーストしてみてください。zキーを押すとカウンターが増加します。他のキーにも変えることができるので試してみましょう。

1-3. SetEventSensor

三つ目は「センサー」による入力です。
これはイベントを設定したセンサーに編成が触れたとき実行されます。
以下がサンプルコードです。
今回はレイアウトのセンサーに以下のスクリプトをコピー&ペーストしてみてください。

1-4. まとめ

全部を一気に書き込んでみます。2-3に使用したセンサーに以下のスクリプトをコピー&ペーストしてみてください。

戻る