鋼鉄の咆哮3

はじめに

このページですが「一応エンディングは見た」人、もしくは「鋼鉄3はやり尽くしたぜ!」と言う人を対象にしてます。
特別作戦攻略に際しては「重力砲」「波動砲」を所持していることを前提で進めます。
普通のコース、正攻法での攻略はしてませんのであしからず。

特別作戦完全攻略

L-01 巨大な魚影

まずは指令通りドレッドノートとアームドウイングを撃破するため海域をうろうろしておくと、そのうち相手から来てくれます。最後の一匹になると北側からストレンジデルタが出て来る時があるので、軽く撃破しましょう。
序章は普通の戦艦でも十分にクリアすることができます。ただ、対潜兵装の攻撃力が不足しがちなので充実させて臨みましょう。

L-02 にゃんこ奪還

ここから司令が壊れ始めてきます。まず全体マップと実際の地形が若干異なっているので注意してください。最初は北西へと向かいます。特定の場所を通過するとアルティメットストームが出現しますが無視していいです。部屋に行くと荒覇吐が出現するので撃破してください。
次に南西の部屋です。ここにはシャドウブラッタがいるので、同じく撃破。部屋に入る直前に部屋左下端に向かって重力砲を撃つとすぐに倒せます。
最後に南東の部屋です。北東側からの一本道になっています。ムスペルヘイムがいるので撃破しましょう。
問題のみーちゃんですが左の氷山の中にいます。氷山を壊してみーちゃんを脱出させれば任務完了です。実はみーちゃんを撃破しても問題なく次のステージへ進めます。(編成値は手に入りません)

L-03 終焉なき報復

第一の部屋…荒覇吐とグローシュトラール
第二の部屋…アームドウイング2体
第三の部屋…スレイプニル2体
スレイプニルはレールガンを装備しているので近づくのには注意が必要です。上陸部隊で倒すのも楽しいですが、安全に倒したければ「無限弾薬装置」と「大型ミサイル」、もしくは「特殊弾道ミサイル系」を使って連射してやれば被害なしで倒すことが出来ます。また味方に「波動砲」を搭載するのも手です。倒すのに結構時間がかかるので根気よく頑張りましょう。
倒す今度はと北側からリヴァイアサンが出現します。それも撃破するといよいよ真のボスが出現です。なお、通常であればここでアヒル艦隊が登場しますが、編成値が高い場合、最強のボス「攻撃衛星ソヴィエツキー・ソユーズ」が出現します。今まで使う事のなかった「対宙レールガン」がはじめて役に立ちます。これの「対空」攻撃でしかダメージを与えることが出来ません。。
見事衛星を撃破すると235の編成値と敵の兵器、従属艦、生産技術(マップ下側から輸送船が出現)がそれぞれ3個ずつ手に入ります。生産技術はなかなか手に入らないので特別作戦中、最もお得なステージと言えます。

L-04 戦闘糧食 其の壱

マップ中央に鴨がいて、その周りを超兵器が6体囲んでいます。あまり強い従属艦を連れていると鴨に巻き沿いを食らわせてしまうので注意しましょう。最も、鴨を巻き込むと新たに超兵器部隊が登場するので腕に自身のある人はわざと鴨を倒して敵の兵器を大量に回収するのもいいでしょう。重力砲と衛星視界装置があればスタート地点を動くことなくクリアが可能です。
なお、波動砲を所持している場合、援軍の超兵器部隊を画面外で破壊してしまう可能性があります。その場合稀に撃破カウントされず、ステージクリアできなくなってしまうので注意してください。これは他のステージでも同様です。

L-05 壮絶!大艦隊戦

まさに壮絶です。レールガン、重力砲、特殊弾道ミサイル、はたまた波動砲まで飛んできます。ここでのクリアポイントは速力です。60ノット以上あれば敵の波動砲をかわすこともできるでしょう。潜水艦で行くのも手ですが、重力砲につかまるとほぼ一撃で御陀仏なので、どのみち速力を上げる必要があります。
どうしてもクリアできなければ下記の「謎の装置」と「防御重力場」を使用するといいでしょう。耐久力によっては波動砲に耐えれます。
なお、作戦を成功させてから(あるいは敵を全滅すると)しばらくするとヴリルオーディンと言う巨大円盤が5体登場します。エネルギー兵器が半端なく強いので自信がなければ避けるのも手です。ちなみに潜水艦だとダメージを受けません。

L-06 D.O.G諸島現る!

特別作戦の中では比較的普通のミッションです。クリア前に犬の左耳の海峡に入ると超アームドウイングと改アルティメットストーム4隻の撃沈に作戦が変更になります。どちらも向こうから来てくれるので待ちましょう。北側と西側から二体ずつ出現します。

L-07 その先にあるものは?

まず、北の海へと抜けます。しばらくすると改ムスペルヘイムが出現しますので撃破。作戦は以上。真ん中の河を南に進んでいくと敵の兵器3つ、従属艦2つ、生産技術1つが置いてあります。ただし、そこに行くにはレールガンや重力砲台などが待ち構えているので注意してください。あらかじめ波動砲などで遠距離破壊しておくと非常に楽です。

L-08 戦闘糧食 其の弐

イカをひたすら撃破します。手っ取り早いのは重力砲か波動砲の絨毯攻撃。あとは地道に。開始後しばらくすると荒覇吐、シャドウブラッタ、グローシュトラール、ドレッドノートが北から出現します。
また、ひみつ工場を破壊する任務も通達があります。通常兵器では届きにくいのでレールガン以上の兵装がいるでしょう。爆撃でも破壊できます。
編成値が高い場合、作戦が終了してからしばらくすると謎の通信が入り、マップ北東に建物が出現します。それを破壊するとジュラーヴリグが10体出現してきます。こいつらは撃破するとばらばらに飛んでいってしまい、せっかくの敵の兵器が回収困難になってしまいます。
うまく重力砲で撃破すれば、敵の兵器を効率よく回収できます。

L-09 憤怒の炎

敵の殲滅が目標です。変なもののオンパレードですが、波動砲等を撃ってきたりはしないので前よりは楽です。しれいぶを破壊しても作戦は継続されます。

L-10 咆哮の果ての果てに

最後のミッションです。一通りの兵器が出現します。地上砲台も強力です。ラストはヴォルケンクラッツァー3体です。波動砲がばんばん飛び交いますので力を振り絞ってクリアしましょう。ステージクリアすると強制エンディングとなるので一度クリアしてアイテムを回収するのならL-08で折り返すのが手っ取り早いと思います。
さすがに最後ですのでクリア特典などはないようです。

ぼくのかんがえたさいきょうのせんかん

まず単体での強さを求めることにしましょう。機関はガスタービンが望ましいです。
敷き詰めれば50ノットは軽く超えられます。
攻撃では主兵装として考えられる主な武器は以下のとおりです。どれも遠距離射程です。

次に守り、接近戦の備えです。
バランスよく組み合わせれば負けることはないでしょう。

その次は補助兵装です。以下の三つは必ず入れておく必要があります。

下記装置は強力な反面、特に無限装填装置などはバランスブレイカーでもあります。

最後の2つはお好みで。お守り装置は攻撃を受ける気がなければ不要です。

戦術的には衛星視界装置で目標を補足し、重力砲、または波動砲で超遠距離狙撃を行うというものです。 卑怯っぽいですが、敵も波動砲を所持していた場合、安全に倒せる保障はありません。
接近して殴りあいたいならレールガンと上記の3兵装を使わなければ楽しめると思います。

ぼくのかんがえたさいきょうのかんたい

今回は自分の率いる従属艦は自分で作成することができるのでかなり自由度が広がっています。
従属艦の法則は以下の通りです。

  1. 速力はプレイヤー艦の速力に比例する。防御力は各艦に依存する。
  2. 自動消火装置などの二次災害防止系、速力に変化のある補助兵装は装備しても効果がない。
  3. 波動砲系は停止なしで撃つことが可能。
  4. 従属艦の攻撃範囲・攻撃速度は各艦のレーダー能力・指揮能力に依存する。
  5. 従属艦にレーダーを搭載すると自艦にレーダーが無くても画面に表示される。

つまり、自艦は速力だけを上げ、攻撃を全て従属艦に任せる、というのもありになります。
従属艦はガスタービン1つで動くようになりますから残りの重量を全て防御と兵装にまわせる訳です。
この法則を利用して、補助兵装には以下のものを重宝します。

速度の変化は無効になるのでこの場合、耐久力だけが無条件で上がります。これを利用して他の謎の兵器もつけると超重力砲を2,3発食らっても平気な顔をしている化物従属艦が出来上がりです。さらに波動砲系をつければデストロイヤー級の怪物戦艦になります。
また、従属艦の攻防は陣形もかなり影響してきます。

このように陣形一つでも受けるダメージや攻撃速度が2,3割も違ってきます。これは自分が高性能であるほど違いが顕著に出てきます。うまく使いこなしましょう。

艦船作成例

以上の考えを踏まえて作成した艦艇を紹介します。

総旗艦 蒼崎 - Aozaki -
総旗艦 蒼崎 - Aozaki - 超重力砲
大型ミサイル
新型パルスレーザー
新型パルスレーザー
対宙レールガン
対潜ミサイルVLS3
57mm全方位機関砲
電磁防壁β
自動装填装置γ
お守り装置
防御重力場γ
衛星視界装置
無限装填装置
謎の装置ζ

特殊作戦を含む全ステージをこれ一つでクリア可能な最凶特殊戦艦。
主砲に超重力砲、副砲に大型ミサイルを搭載。
無限装填装置と衛生視界装置の連携でスタートから動くことなく超遠距離の無差別攻撃が可能。
潜水艦へは重力砲とVLSで対処。対宙レールガンも標準搭載しており、衛星兵器も問題なし。
間違っても重力砲と大型ミサイルを自動攻撃で使ってはいけない。
防御は両防御に61cmを採用し、重力砲や波動砲の直撃にも耐える。
欠点を強いて挙げれば、簡単に味方を攻撃に巻き込んでしまうため、護衛・ピンポイント攻撃が苦手なぐらい。パルスレーザーの手動攻撃で対処すること。


高速艇 紅朱 - Sekisyu -
高速艇 紅朱 - Sekisyu - 超レールガン
小型レールガン
新型パルスレーザー
新型パルスレーザー
新型152mm速射砲
30mm機関砲 単装
20mm機関砲 単装
急加減速制御装置
新型操舵装置
謎の装置α
謎の装置γ
謎の装置ε
謎の装置ζ
謎の推進装置Ⅱ

破壊任務を高速で完了させることを目的として、一撃離脱と従属艦隊攻撃を前提に開発された超高速戦闘艦。
速度を上げるため「謎の装置」系統を多数搭載し、システム上限値の速度を超過させている。
単艦での攻撃力・対潜能力・攻撃範囲はイマイチでレーダーも持たないため、従属艦は必須。
ステージをモーターボートのように走り回って掃討するのが正しい使い方。
また、超兵器と至近距離で殴り合いができるので、波動砲や重力砲での遠距離対戦に飽きた人向け。ただし、従属艦に各種波動砲を搭載した場合、悪魔の艦隊と化す。


双空母 常磐 - Tokiwa -
双空母 常磐 - Tokiwa - 新型152mm速射砲
新型152mm速射砲
対潜ミサイル発射機
30mm機関砲 単装
新型パルスレーザー
新型パルスレーザー
新型パルスレーザー
電磁防壁β
電波照準儀γ
自動装填装置γ
防御重力場γ
衛星視界装置
無限装填装置
謎の装置ζ

掃討作戦を最速で終わらせるため、搭載艦載機数69機を確保した双胴型原子力空母。
4機17部隊を使ってステージを「点」ではなく「面」で圧倒していく。
パルスレーザーと速射砲の連射機能により複数の戦艦に囲まれてもそれなりに対応できるようになっている。複数製造して従属艦として連れて行くと航空機をシステム上限値まで持ち込める。
後半は敵の攻撃力が上がって撃ち落とされやすいので、主力部隊を片付けた後でゴミ掃除用に利用するのが賢い。

小ネタ集

2006 - 2017 Caldia All rights reserved.
トップに戻る