E351系のDCC化

KATO E351系「スーパーあずさ」DCCデコーダ取り付け

車両セットは中古のものを購入。\8,500。 今回の注意点としては、振り子機能が挙げられる。 台車の可動範囲が通常台車に比べて繊細なので、はんだ量やはんだ位置などに十分気をつける必要がある。 もちろん周囲のプラスチックを溶かすことがないよう留意しておく。

DCC E351系 車体

台車金具から線を延ばす際に邪魔な座席カバーの一部をニッパーでカットする。
ちなみに写真のはんだは悪い例。付けすぎて台車が稼働しなくなったので、後に余計なはんだを取り除いた。

DCC E351系 内部

動作確認は良好。前後左右の台車金具から電力が供給されることを確認した。
カーブ時における台車の干渉も問題なし。

DCC E351系 内部

余談だが、今回購入した中古品はヘッドライト・テールライトの点灯性の調子が悪かった。 店員曰く、振り子台車を搭載した編成の初期ロッドは皆このような調子らしい。 最近は改良されたとのこと。 まあ、おかげで新品の半値で車両が入手できたのだから上首尾だろう。

2006 - 2014 Caldia All rights reserved.
トップに戻る