LocoNet接続構成

DCS50K 単体

DCC運転を楽しむ一番簡単な接続方法。 通常のDCフィーダー接続線路を利用して給電を行う。

DCS50kその1

DCS50K と BDL168 の組み合わせ

DCS50KにBDL168を接続した構成例。 DCS50KのフィーダーAからBDL168のZone A-DとAC Power1、センサーレールを使わないレールの外側に供給する。
フィーダーBからはBDL168のAC Power2とレールの内側に給電する。
特に赤と青の回路を間違うとショートの原因となるので注意する。 また、外側のレールは区間ごと、ポイントごとにギャップで区切る。

DCS50kその2

DCS100 単体

DCS100を使用した構成例。 CDS100は電力供給機能が無いので、別途電力装置が必要となる。

DCS100その1

DCS100 と BDL168 の組み合わせ

DCS100とBDL168を使用した構成。 配線が複雑そうだが、DCS50Kと違ってユニットへの電力供給とレール出力が独立しているため、こちらの方が配線自体は簡単。

DCS100その2
2006 - 2014 Caldia All rights reserved.
トップに戻る