とある研究室の記録 07月 始動

仮土台と研究室展示会

土台作成に入る。
…のだが、今月は研究室展示会があり、ある程度レイアウトを見繕わなければならない。
本格的に工事に入ってしまうと研究室内が工作室状態になるので、5月の時と同じく土台にカラーマット(今回も両面テープ固定)を敷いて整えた。

新プランレイアウト土台付き全景

レイアウトサイズが大きくなっているので土台は新規作成版、もとい新規作成板となる。
持ち運びと配線を考慮して3分割構成とした。

キ○チョール回避させていたロコネットケーブルは土台に小さく穴を開けてレイアウト下に通せるようになった。黒くて太い目立つ線なので上手く隠せたのは嬉しかった。

最後にストラクチャーと説明用紙を配置。
運行システムも新型レイアウトに最適化させ、研究室展示を乗り越えた。

ストラクチャー配置後

下旬。追加で申請していた各種デコーダやポイントレールなどが届く。
箱いっぱいの電子機器で結構な値段になると思われる。これを全部はんだ等で取り付けていく。

DCCセット

早速デコーダの取付作業に入る。
ポイントデコーダや車両デコーダの組み込みは別ページで説明しているので参考にして欲しい。

DCCポイントデコーダ付き分岐レール

これでどうにか拡張プランに必要なポイントと車両が揃った。

2006 - 2014 Caldia All rights reserved.
トップに戻る