とある研究室の記録 04月 引継

先輩から引き継いだ資産の確認

4月に研究室配属が決まった。
ひとまず、すべき事は研究室の把握。
先輩達の残した資産や部屋の使い方を覚えることにする。
この研究室には鉄道模型を使った実験設備があると聞いていたため、どんなものか確認したものの…

DCC初期レイアウト

うーん、なんとも。
軽く動作確認したところ、設備自体は問題なく動く様子。
実験設備と割り切れば使えるが。

NゲージEF65

車両編成は幾つか戸棚に置いていたが、DCCを搭載していて動作するのはこの2両のみ。
度重なる衝突や落下によりパンタも連結器も欠落している。
モーターの動きも異音がして、あまり良好とはいえない。

BDL168のセンサーケーブル

配線が絡まっており配線構成が不明。一度ほぐして整理する必要がある。
そんなこんなで今月からこの研究室を引き継ぐことになった。
当面は整理整頓と掃除が日課となる。

2006 - 2014 Caldia All rights reserved.
トップに戻る